The BMW M6 GT3

by Aristotelis, Posted on Nov 16, 2018.

真新しいBMW M6 GT3は、ブランパンGT3シリーズの2018年シーズンにおいて大きな印象を与えました。

ロードモデルの寸法に従って、レーシングカーも非常に大きく、特に全長とホイールベースがベントレーよりも大きいことは否定できません。
この大きな車体と印象的なツインターボV8が、BMWのハンドリング特性を決定付けています。

車の寸法により、車体低面のエアロ領域が非常に大きくなります。
フロントスプリッターは印象的で、リアディフューザーは長くて巨大です。
排気口は車体側面に設けられているため、ディフューザーの空気の流れを妨げません。
長いボディワークの周りには多くの小さな、または大きなディテールが見られ、大きな正面領域があるため、総合的な空気抵抗は大きいですが、クラストップと同等の印象的なダウンフォースを実現します。

絶対的な空力の数字は物語の半分にすぎません。
この車の空気力学の最も優れた特徴は、非常に安定したエアロプラットフォームです。
私たちが他の投稿で説明したように、空気力学への依存度が高い現代のレーシングカーのドライバーにとっての主な問題は、ピッチとロールの影響による空力バランスの観点からのエアロプラットフォームの安定性です。
多くの場合、ダウンフォースが高いほど、車はピッチとロールに敏感になり、エンジニアはセットアップの大きな妥協を強いられ、ドライバーは高速時のドライビングスタイルを変更する必要があります。
つまり、車を動揺させてはなりません。
後者は、特にシリーズに参戦するアマチュアドライバーたちにとって、非常に適応が難しい部分です。
BMWの長いホイールベースと広いアンダートレイは、特に(ブレーキング時と惰性走行時の)前方へのピッチではるかに安定したエアロプラットフォームを実現し、より柔らかいサスペンション設定とより自然なドライビングテクニックを活用できます。
低速では、車は並外れたターンインとコーナー出口での最小量のアンダーステア​​を提供します。
コーナー奥のクリップにアンダーステアを活かすヒントが存在します。
これは、フロント側にウェイトバイアスがかかるこのような大きな車では一般的ですが、コーナーエントリー時にプッシュする自信を与え、ドライバーが簡単に制御できます。
スピードが高いほどが安定したダウンフォースをもたらすので、非常に自信に満ちたインスピレーションを与える車になり、ドライバーがミスを犯した場合でも、比較的簡単に修正できます。

ポールリカールでのロングストレートの終わりにある非常に速い右カーブは、車の安定性を示す完璧な例です。
エントリーでドライバーが熱くなりすぎても、自信を持って足を上げるか、ブレーキを少しつまむだけで、ドラマチックな動きを見せることなく車はその軌道を修正します。
たとえば、ピッチに敏感なウラカンでできることではありません。
ミサノサーキットでも同様です。
T13とT14(Carro)の非常に危険なブレーキゾーンには、実際にはすべての車が非常に正確かつ確実にアプローチする必要があります。
BMWは、優れた安定性と誠実な反応を示し、大きなセットアップの妥協なしに、ドライバーに車を信頼して攻撃する機会を与えます。

素晴らしい車ですが、これはすべての世界で最高のものでしょうか?
非常に長いボディとホイールベースは確かに安定性を提供しますが、見ての通り十分以上であり、狭いターン、シケイン、素早い方向転換で車を遅くします。
車は高速で旋回できますが、適切な姿勢に落ち着かせ、ラインを維持するために少し待つ必要があります。
ドライバーから見て車体の端がどこにあるかを認識するのが難しく、これはレースで他車が近くにいる状況では不利です。
さらに悪いことに、非常に長いフロントオーバーハングは地面に簡単に接触し、非常に速いコーナーで縁石に乗り込もうとするとき、非常に悪いタイミングでそうなることがよくあります。
この車はアンダートレイが生み出すダウンフォースに大きく依存しているため、車体低面で空気力学的失速が発生すると、タイヤのグリップが失われ、壊滅的な結果を招く可能性があります。
これは、車高を上げる、より硬いスプリングとダンパーを使用するなど、セットアップで妥協が必要な場所です。
ドライバーはまた、どの縁石に乗るべきか、どの縁石を避けるべきかを確実に見つけておく必要があります。
このような状況では、BMWの優れた動作が突然あなたを裏切り、すぐにスピンしてしまうので、注意してください。
全体として、車はある程度のアグレッシブな運転と少し精度の低いドライビングスタイルを許容しますが、ステアリングホイールとアクセルペダルの両方で入力がスムーズなときに本当に輝きます。
スムーズに運転すればするほど、速く走れます。
高度なトラクションコントロールは、安全に運転できるように微調整されていますが、レベル3以下に下げると、入力がスムーズな場合、さらに前方への加速が可能になります。
ある意味では、それはまるでグランドツーリングクーペの優雅な外観が、そのハンドリング特性に1対1でミラーリングされているかのようです。

前輪の後ろに配置された大きなV8は、大量のトルクとパワーを生み出します。
有利なBoPにより、エンジンは約650Nmのトルクと約550bhpを出力できます。
最も重要なのは、エンジンのトルク曲線が大平原、またはシベリア平原、またはオランダ、またはパダニアのように見えることです。
平坦、または無限の定義に適合する好きな単語を選んでください。
残念ながらそれは私が熱狂的なエンジンと呼ぶものではありません。
3000rpmという低回転から信じられないほど車を動かしますが、パーティーは約6200rpmで終了します。
非常に大きなディーゼルエンジンのように感じられ、すぐにパワーリミッターに到達するため、できるだけ早くギアを変更し続ける必要があります。
攻撃的なアウディまたはランボルギーニが8000rpm以上でBMWのそばで叫んでいるとき、6000rpm前後でアップシフトするあなたは自車のエンジン音を聞くことさえできないでしょう。

それでも、2速にシフトした後、ストレートのドラッグレースであなたを倒せる車はありません。
多少のターボラグがありますが、それはアンチラグシステムで対処されており、排気のうなりはサウンドエンジニアとあなたの耳を満足させます。
この寛大なトルクはすべて、あらゆる速度とギアで簡単にパワーオーバーステアを引き起こし、通常はリアタイヤを不幸にしますが、
非常に高度な新しいTCは、アマチュアとプロの両方のドライバーに車を適切に機能させ、同時に彼らに大きな笑顔をもたらします。
ただし、無理をしないでください。
スムーズで穏やかなドリフトの前兆が発生すると、長い車体の後端がスライドし始め、それは更なるスライドを呼び、タイヤが破壊されます。

すべてを上手くまとめあげると、コーナー出口からクラス最高の加速が得られます。
Yes, ランボルギーニは驚異的なトラクションを備えており、TCの介入が最小限である場合、素晴らしい加速を見せます。
Yes, フェラーリのコーナリング速度は信じられないほどです。
Yes, メルセデスAMGのバランスは模範的です。
しかし、バックミラー上で彼らがどんどん小さくなっていくのを見てください。

実際のところ、車は非常に早く最高速度に達し、それから空気抵抗の壁に衝突します。
小さな車たちがブレーキゾーンに向かって再びあなたに近づき始め、バトルが始まります。
しかし、あなたを追い越せるかどうか、それはまた別の話です。

中速から高速のターンと長い上りストレートで有名なスパ24時間レースで優勝を果たしたことには、大きな驚きはありません。
しかし、狭くてでこぼこしたブランズハッチを見ると、コインの裏側が表示されます。
それがブランパンGT3シリーズのすべてです。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-06 (日) 04:37:21