The Bentley Continental GT3 - 2nd gen, 2018

by Aristotelis, Posted on Jun 8, 2019.

初代ベントレーが成功した後、2017年の間に対戦相手たちがはるかにアグレッシブなデザインに移行したことは明らかでした。
エンジン出力に対する有利なBoPでさえ、ブランパンGTシリーズの支配者に対し、大きなベントレーを助けることはできませんでした。

まったく新しいロードモデルに基づいて、第2世代が登場します。
すべてのパーツは完全に再設計され、古い車の長所を維持しながら、他のすべて、特に最も明白な欠点のいくつかを改善することに焦点を当てています。

新しい車はエンジンとギアボックスのトランスアクスル構成を持っています。
これは、ギアボックスが車体後部に配置されることを意味し、フロントエンジンのマウント部を後部および下部に移動させるためのスペースを与えます。
これによりCoG(重心)が低下し、ウェイトバイアスが50:50に近づき、トラクションとハンドリングに大きなメリットがもたらされます。
また、すべてのフロントラジエーターをさらに後方に移動できるため、フロントエンドの空力設計の自由度が大幅に向上します。
フロントエンドと言えば、オーバーハングがはるかに短くなり、先代の大きな欠点の1つであった縁石の近くでフロントスプリッターを壊す危険を冒すことなく、車高をより下げることができます。
車のフロントスプリッターが短い場合でも、同じように高レベルのダウンフォースを達成しながら、車体後半への空気の流れを制御します。

ギアボックスの後部配置には少し妥協が必要でした。
確かに、リアディフューザーのサイズと奥行きは古いモデルよりも少し小さいですが、完璧な設計と開発により、同等以上のダウンフォースレベルが保証されています。
空力設計の大きな違いと主な焦点は、抗力を最小限に抑えることでした。
私たちは皆、ベントレーが大きな前部面積を持つ巨大な車であることを知っています。
車をできるだけ空力的に効率よくするために、何時間もの空力テストが行​​われてきました。
彼らは信じられないほど素晴らしい改善を達成しただけでなく、彼らのクライアントのためにエレガントなイメージを維持したかったので、メーカーの要件であった外観をも改善しました。
確かに車は驚異的です!

第2世代のベントレーも先代と同じツインターボエンジンを維持しています。
すべてのパワーバンドで十分にテストされたエンジンは信頼性が高く、効率的で強力です。
今では、さらに優れた電子制御とはるかに改善された(先代の大きな問題の1つだった)トラクションコントロールが取り入れられています。
また、まったく新しいエンジンをゼロから開発する必要がなかったため、コストを抑えることができました。

ベントレーであるため非常に大きな車であり、ホイールベースの長さはほぼ3メートルです!
改善された重量バランス、低いCoGとダウンフォースにより、確実なターンイン、コーナー中間での横方向グリップ、コーナー脱出時のトラクションを感じることができますが、俊敏性は最高ではありません。
それでも、GTレースでは、このような長いホイールベースから得られる安定性は常に利点であり、特に長い高速スイープで、車はその潜在能力を容易に活用してプッシュすることができます。

シャシーは新品で、軽量でありながら剛性が向上しています。
改良されたサスペンション形状は、大きなエンジンを最大限に活用するのに役立ちます。
高レベルのグリップと安定性を活用するように車をセットアップすることは、大きなメリットがあります。
さらにニュートラルまたはオーバーステアのセットアップでは唯一無二であり、コーナーに進入した後でもハンドルとアクセルで車を制御することもできます。
高いコーナリングスピードで丸いラインを描くようにしてください。
少しトレイルブレーキをかけてターンインを強制することもでき、ベントレーの場合はゆっくりとオーバーステアします。
とはいえ、それに頼りすぎないでください。

スリックと高いダウンフォースの組み合わせにより、コントロールを維持できます。
車の長さと慣性の大きさはスライドを制御するのに少し役立ちます。
車をコーナー出口に向けて、寛大なV8を解き放ちます。
古いベントレーと同様に新しいモデルは縁石の上で優れた挙動を示します。
明らかに車は俊敏ではなく、ターンイン後にリアタイヤがどこにあるかを気にする必要がある場合があります(トラック運転手のアドバイスのように聞こえます)が、車の姿勢を乱さずに縁石を乗り越えることができます。

先代モデルから受け継いだ強力なエンジン、空気力学、ブレーキ、シャシー、電子機器、サスペンションが大幅に改善され、ベントレーが新しいシーズンを支配しようとしていたと思われるでしょう。
しかし、BoPには別の考え方があります。
テストでは、大きなエンジンと小さな空気抵抗のために先代よりはるかに高速なトップスピードを発揮し、車全体がどれほど改善されたかが明らかになりました。
ご想像のとおり、BoPは正確にエンジン出力を低下させ、車の加速と最高速度をフィールドの他のレベルに留めます。
これは実際には(通常はすべての大きな車に許可されている)550馬力をはるかに下回る、最初の「大きな」前部面積を持つ車です。

2018年シーズンは、予想外のBoPと車が真新しいという事実が組み合わされたため、チームはその可能性を探る必要がありました。
バルセロナで更新されたBoPでは、最終レースのターボブーストがさらに少なくなっていることから、チームは車にかなりのペースを見出していたことが示唆されますが、
SROは最後のレースとおそらく将来のためにそれらを制限したいと考えていました。
2019年シーズンでは、車はすでに非常によく機能しています。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-03 (木) 12:38:13